村上春樹と無意識の再発見 新作『騎士団長殺し』をちょっと深読み内容解説

村上春樹と無意識の再発見 新作『騎士団長殺し』をちょっと深読み内容解説

村上春樹の最新作『騎士団長殺し』では、「現実と非現実の境界があいまい」という感覚が全編に漂っています。 いわゆる「無意識」に関する内容が村上春樹の作品の魅力になっているように感じます。その「無意識」という視点から内容を深読み解説していきます。 そして、この意識と無意識の両方を知ることが本当の幸せになる上でとても大切だといわれます。 ちょっと深読みした記事がコチラです。

【解説付】村上春樹『騎士団長殺し』あらすじと、読者の感想や反応まとめ!最小限のネタバレあり

【解説付】村上春樹『騎士団長殺し』あらすじと、読者の感想や反応まとめ!最小限のネタバレあり

村上春樹の新作『騎士団長殺し』(新潮社)の絶賛感想・酷評感想・中立感想・感想番外編や「第1部 顕れるイデア編」のあらすじ「第2部 遷ろうメタファー編」のあらすじ、評価、批評、解説、名セリフなど網羅的で深読みも含めた超まとめ記事です。ネタバレは少しありますが結論までは言及していませんのでご安心ください。