人生後半、ただ残り少ない時間を費やしていくだけなのか? 数々の苦難の末、その疑問が氷解した縁とは……

人生後半、ただ残り少ない時間を費やしていくだけなのか? 数々の苦難の末、その疑問が氷解した縁とは……

代わり映えのしない日常の中で、ふと、    「何をやっても、むなしい」  「このまま自分の人生、終わってしまうのか……」     という思いが去来することはないでしょうか。     インターネットで知り合った吉村健士さん(仮名・54)も、そんな思いを抱えた一人でした。    ところが、吉村さんは波瀾万丈の末、その心が大転換し、苦しかったことも辛かったことも、すべてが喜べるようになったのです。  今日は大変読み応えのある吉村健士さんの告白記です。

過労死問題を考える 過剰に駆り立てられてしまう4つの罠とその対策

過労死問題を考える 過剰に駆り立てられてしまう4つの罠とその対策

 電通の過労死事件をきっかけに、企業の過酷な労働環境の実態に厳しい目が向けられるようになりました。     一方で、過酷な労働には見落とされている問題があります。   それは、労働者側がもつ心理的な思い込み「ドライバー」の問題です。      あなたは、自分で自分を追い詰めていませんか?    仕事で疲れ気味のあなたへ、「幸せのヒント」を贈ります。  

「なぜ人を殺してはいけないのか」に答えられる水準とは? 「幸せ」と「本当の幸せ」の違い(番外編)

「なぜ人を殺してはいけないのか」に答えられる水準とは? 「幸せ」と「本当の幸せ」の違い(番外編)

「なぜ人を殺してはならないのか 3つの回答水準」が哲学者から示されました。     単に「駄目だから駄目」では通用しない昨今、人を殺してはならないと答えらえる水準とはどういう水準なのかを知ることが、自分の命の大切さを知ることになります。    そしてそれは「本当の幸せ」の答えを知る鍵ともなるのです。