心理学者が警告 幸せに関する最も多い間違いとは? ~「幸せ」と「本当の幸せ」の違い(2)~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5


「幸せ」と「本当の幸せ」の違いについて、シリーズでお届けしています。  

以前の記事をまだご覧になっておられない方は、先にこちらからお読みください。  

『なぜ生きる』の答えをズバリ漢字二字でいうとどうなる? 心理学でも哲学でも共通した答え
「なぜ生きるのか?」これは3000年の古から人に問われてきました。   「なぜ生きる」とは、     なんのために生まれてきたのか、  なんのために生きているのか、  なぜ生きねばならぬのか、  人生の目的とはなんぞや     という問題です。    とても大切なことなのですが、「忙しい忙しい」と走り回っているとき、この問題は忘れがちです
「幸せ」と「本当の幸せ」の違いをご存じでしょうか? 見分け方(その1)
人は、幸せを求めて生きていますが、その幸せについて本当に理解している人はまれなようです。 今回から5回シリーズで、「幸せ」...


前回までの内容を簡単にまとめてみました。  



人生の目的 = 本当の幸せ(本当の安心・満足)  

「幸せ」と「本当の幸せ」とは別物




お金 財産 地位 名誉 ……   
といった幸せが「本当の幸せ」とはいえない理由が2つある。  

理由1:これらの幸せにはキリがない(不満)


※もちろんこれらの幸せは大事だけれども、本当の幸せ(人生の目的)とはいえない。マラソンで例えると、これらの幸せは給水所のドリンク。ゴール(人生の目的)は本当の幸せ。



ここまで理解されたとして、今日はそのつづき、これらの幸せが本当の幸せといえない2つ目の理由についてです。  



心理学者が警告 幸せに関する最も多い間違い



まず、飛躍的に進歩している心理学の研究結果に耳を傾けてみましょう。  



最もよくある間違いは、次のようなものが多くの幸福をもたらしてくれると思い込んでいるのです。  

たとえば、  

「仕事で昇進すること」  

「医師から健康だとお墨付きをもらうこと」  

「情熱的なデート」  

「お気に入りのサッカーチームが勝利を収めること」


など。  


物質的な面でいえば、  

「お金」や 

「ほしい物が手に入ること」

がそうでしょう。  

幸せがずっと続く12の行動習慣 - 自分で変えられる40%に集中しよう - ソニア・リュボミアスキー - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天スーパーポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。

(『幸せがずっと続く12の行動習慣』 ソニア・リュボミアスキー)  



しかし、これらのものでは本当の幸せにはなれないといわれます。 

しかも、それを受け入れることはとても大変だと筆者は訴え、その理由を次のように書いています。  



お金があってもほんとうは幸せになれない」と信じることは、どうしてこれほど難しいのでしょう?  

なぜなら、お金があれば、幸せになれるのは真実だからです。  

でも、「幸福」について研究している学者たちが力説するように、「人はお金があてば、長期間にわたって大きな幸せを得られると考えられてきたが、じつはお金があっても、短期間のささやかな幸せを得られるにすぎない」という点で誤解があったのです。  

(『幸せがずっと続く12の行動習慣』 ソニア・リュボミアスキー)  



お金 財産 地位 名誉といった幸せが「本当の幸せ」とはいえない2つ目の理由。  

それは、これらの幸せが「続かない」ということです。  

ご馳走を食べれば 満足するが……


ご馳走を食べた場合で考えてみましょう。  


あなたが高級な料理を味わいつくしたとします。  

「満足、満足。十分いただきましたから、これ以上はもう結構」  

と幸せを満喫している。  

確かに、この時は満足しているでしょう。  


では、その満足はどれだけ続くのか?

当然ながら何年も続くものではありません。  

翌朝になればお腹がすいて、  

「何か食べるものない?」  

となります。  


もしその時「何もないから朝食はガマンしてね」といわれたらどうでしょう。  

さらに昼も抜きだとなったら……?  

「俺を餓死させるつもりか!」  

と不満が爆発するかもしれません。  


お金、財産、地位、名声、といった日頃求めている幸せは、  

得たときには「満足、満足」と思えるでしょうが、  

時とともに色あせ、不満に変わります。


世界の三大幸福論の一つといわれるヒルティの『幸福論』には、こう書かれています。  



味わってきた『人生享楽』は、ゆっくりと少しずつ色あせていく

幸福論(第2部) - カール・ヒルティ - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天スーパーポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。

(ヒルティ『幸福論』二巻)  



少し違う角度で見ると、「幸せが続かない」とは、  

いつ失うか分からない不安がつきまとう」 ということになります。  


素敵な恋人ができたKくんの例でみてみます。  

つきまとう不安 「素敵な恋人ができた! けど……」



恋い焦がれていた女性が恋人になり、Kくんは「今までこんな幸せ経験したことがない」と有頂天になっています。  

ところが、そのKくんに今までになかった悩みがでてきました。  

たとえば、  

恋人が他の男性と話しているだけでKくんは面白くない。  

ましてや、他の男性との会話で恋人が自分に見せたこともないような笑い顔を見せたりすると不安は頂点に達する。  

そして、  

「もしや心移りがしたのでは……!」  

「いや、すでに浮気? 二股かけられてる?  

という疑念が頭を支配し、  

「あの子なしには生きていけない」  

と、彼女を失うことが不安で不安で何も手につかなくなります。  


このように、  

幸せが大きいほど「失いたくない」という思いは強まり、「失ったらどうしよう」の不安感も高まります。

満員電車の中では、サイフに小銭しか入っていない時より札束が入っている時の方が不安は高まりますし、風雨の中では、バタバタの服を着ている時より高級な服を着ている時の方が嫌な思いになる。それも同じ理由からです。  


前回も、幸福とは「安心・満足」だとお話ししましたが、  

お金や、財、地位、名声などは、安心の逆の「不安」が付きまといます。  

有れば有るほど不安も増大するという皮肉な結果になってしまうのです。   


まとめ



前回からの内容をまとめますと  



お金、財、地位、名声といった幸せが「本当の幸せ」といえない2つの理由  

 (理由1)キリがないから不満(⇔満足)  

 (理由2)続かないから不安 (⇔安心)




この2つの理由から、これらの幸せは本当の幸せ(人生の目的)とはいえません。  

前回もお話したように、これらは人生マラソンの給水所のようなもの、ということです。  


このことがよく分かると、本当の幸せへの理解がグッと近づきます。

長くなりましたので、今日はここまでとし、次回の記事はコチラです。  

  ↓↓↓  

「死んだら無になるに決まってる」という人が見落としていること 「幸せ」と「本当の幸せ」の違い(3)
「死後はない」と断言する人に、現代哲学者がするどく切り込みます。しかも、それは仏教で教えていることと一致しているようです。どんなことが論じられているのでしょう?






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする