「天上天下 唯我独尊」は お釈迦さまから あなたへの優しいメッセージ 今日はお釈迦さまの誕生日

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4
 


今日 4月8日は  







 


仏教を説かれた  

お釈迦さま誕生日







 


お釈迦さまに  







 


天上天下 唯我独尊」  

(てんじょうてんが ゆいがどくそん)







 


という有名な言葉があります  







 


どういう意味でしょう?  







 


天上天下(てんじょうてんが)」とは  







 


天上にも地上にも」  

ということで  







 


この大宇宙をあらわします  







 


唯我独尊(ゆいがどくそん)」の  

」とは  







 


私たち人間のこと  







 


独尊」とは  







 


たった一つの尊い目的







 


ですから  

天上天下 唯我独尊」  

とは  







 


この大宇宙で  

我々人間のみ なしうる  

たった一つの尊い目的(独尊)がある
」  

という意味です  







 


つまり  

私たち人間の命は  







 


いっさい差別なく

平等に尊い


ということ  







 


能力あるなし  

差別なく







 


のよしあし  

差別なく







 


男女 ジェンダー

差別なく







 


人種 民族

差別なく







 


思想 信条

差別なく







 


貧富 立場の  

差別なく







 


健常 障がい

差別なく







 


老い若きも  

差別なく







 


善人 悪人

差別なく







 


すべての人平等に  

本当の幸せになれる  







 


それが仏の教え







 


違いはあっても  

差別がない








 


天上天下 唯我独尊」  

(てんじょうてんが ゆいがどくそん)









天上天下唯我独尊について、さらに詳しく知られたい方は、コチラの記事をお読みください。
「天上天下唯我独尊」の本当の意味は何なのでしょうか。 お釈迦様が生まれられた時のエピソードからお話しいたしましょう。






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする