本当は大切な 東日本大震災のもう一つの事実

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2


 


今日は3月11日









 


東日本大震災が起きた日







   




亡くなられた方  

1万5893人




2017年(平成29年)3月10日現在:警察庁





   




何年たっても  

この日を忘れることはできません



 






   




大切なのは  











   




1万5893人の方1人1人に  

尊い命があったということ  



 




   


    

1人の人が亡くなったという大変なことが  

1万5893件あったということ  




 


   


   


    

そして   







   


    

ここに「もう一つの事実」があります  

 








   


    

あなたはこの日本で  

年間 何人の方が亡くなるかご存じでしょうか  

 








   


    

1年の間に亡くなる方  

日本で約120万人  

 








   


    

毎年 東日本大震災で亡くなられた方の


約80倍の人が亡くなっています  






   


    

1日 約3200人  

 








   


    

今日も 最後の一日を過ごす人が   

3200人おられるということです  

 








   


    

5日で約1万6000人  

 








   


    

5日で 東日本大震災で亡くなられた方と  

ほぼ同じ数になります  

 








   


    

見えずらい東日本大震災が  

5日ずつ起きているようなものです  

 








 
   


    

もし  

 








   


    

もし あなたの大切な人が後5日の命としたら  

何ができるでしょうか?  

 








   


    

もし あなた自身が後5日の命としたら  

何を求めるでしょうか?  

 








   


    

人はつい 勝った負けた 損した得したと  

そんなことに 神経をすり減らしがち  

 








   


    

でも 何かもっと大切なものが  

あるのではないでしょうか  

 








   


    

そのことに気づいた偉人たちは  

大切なメッセージを残してくれました  

 








   


    

例えば お釈迦さまは  

こういわれました  

   

 








   


    

「人身受け難し 今すでに受く」


(じんしんうけがたし いますでにうく) 


   

 







   


    

「人身を受けた」とは  

人間に生まれたということ  

   

 








   


    

ですから     

「人身受け難し 今すでに受く」とは    

   

 







   


    

「生まれ難い人間に生まれてよかった」  

という生命の喜びをいわれた言葉です  

   

 







   


    

死と共に置いていくものよりも  

生命自体の幸せを手にすることが  

大切ではないでしょうか  

   

 







   


    

そんな幸せって何でしょう?  

   

 







   


    

生命の尊さを感じ  

生まれてきた本当の目的について考える  

   

 







 
   


   今日は そんな日にしたいと思います  
 










 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする