成人の4人に1人が本気で自殺したいと考えたことがある~大切な2つの対策と 根本に大事なこと~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4


 


悲しい調査結果が発表されました







 


それは







 


成人の4人に1人が  

自殺したいと考えたことがある

という厚生労働省の調査結果です  








 


これは







 


2008年と2012年に実施した調査と  

比べて増加しています  








 


この調査で  

自殺を考えたことがある人に  

どう乗り越えたのかを聞いたところ







 


こういう回答が多くありました







 


「趣味や仕事で気を紛らわせるよう努めた」 
(36・7%)  

「身近な人に悩みを聞いてもらった」 
(32・1%)  










 


しかし







 


悩みやストレスを感じたとき 
相談助けを求めることに 
ためらいを感じる人は 


46・9%にものぼりました







 


対策として大事なことが 
2つあります







 


●もっと相談しやすい環境をつくる

●相談された側がしっかり対応  
できるようになる


の二つです







 


とはいえ







 


しっかり対応できるようになるのは 
簡単ではないと思います







 


急に対応しようと思っても 
できるものではありません







 


ですから







 


根本に大事なことは







 


まず自分自身が 
自殺してはならない理由
生きる意味をしっかり学んで 知ること 









 


その上で







 


よく相手の話に耳をかたむけることが 
重要だと思います







 


今月は







 


自殺対策強化月間 です







 


一度 真剣に 

「死んではならない理由」  

「生きる意味」  

を考えることが  

とても大切ではないでしょうか









もし「人生の目的」がなかったら、大変なことになります。生きる意味も頑張る力も消滅してしまうからです。1度きりしかない人生、後悔しないためにも、なぜ苦しくとも、生きねばならぬのか」を考えてみませんか?



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする